SSブログ

蜷川実花の経歴・プロフは?斬新なアート活動! [プライベート]

写真家、映画監督、女優など

数多くの顔を持つ蜷川実花さん。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの

組織委員会理事も務めている。

そんな彼女の経歴やプロフィールをみていこう。



スポンサードリンク






蜷川実花の経歴・プロフは?


生年月日:1972年10月18日(現在42歳)
出身:東京都東久留米市

演出家・映画監督の蜷川幸雄さんと

作家の真山和子さんの

長女として生まれた。

高校は桐朋女子高校

その後、

多摩川大学美術学部グラフィックデザイン学科を卒業している。

多摩美のグラフィックデザイン学科は毎年人気が高く

倍率も10倍前後はあるところだ・・・


その後、彼女が手掛けてきた作品は実に数が多い。

個展、グループ展、また写真集や映画、プロモーションビデオなど

写真集では、

・小池栄子

・大塚愛

・成宮弘樹

・松山ケンイチ

・中川翔子

・土屋アンナ

など数多くの有名人を手掛けている。

映画作品は

・さくらん
・ヘルタースケルター


プロモーションビデオは

・AKB48 (ヘビーローテーション、さよならクロール等)
 
・三代目 j soul brothers (花火、・Power Snow等)

・ゆず (明日天気になぁれ、雨のち晴レルヤ)

・倖田來未 (ピンク スパイダー)

・GLAY (BLEEZE)

・NEWS (KAGUYA)

など・・・

名だたる有名人と一緒に仕事をしている蜷川さん。

そんな彼女の現在行われている活動の一つに

すごく斬新な作品を見つけたので紹介します。



スポンサードリンク






蜷川実花 斬新なアート活動!


愛媛県松山市にある老舗・道後温泉本館が

改築120周年の大還暦を迎えたことを記念し

「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」を2016年2月29日まで開催している。

3_45.jpg
【出典:town.ehime-iinet.or.jp】





もともとは2014年に開催された

アートフェスティバル「道後オンセナート 2014」から始っており、

2015年も「最古にして、最先端。」をテーマに

蜷川ワールドが見事に展開されている。

写真を見るだけでもなんだか不思議な気分になる。

ついつい見惚れてしまう異空間なアートに

訪れる観光客も目を奪われるようですね。


今後も彼女の活動に目が離せない。



スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます