SSブログ

亜書の内容! アマゾンで一気に販売された理由! [プライベート]

「亞書」という本がネット上で話題を呼んでいる。

Amazonでしか販売されておらず、
1冊64,800円という高額で売り出されている。

1冊480ページあり、96巻まであったが

全て1点ずつしか売り出されていない。

全巻購入するとなんと622万円・・・

132巻の長編シリーズになる予定だったとか。

現在は販売中止になっている。

気になる内容は?

販売の理由は??



スポンサードリンク






亜書の内容!


亜書の内容は、ギリシャ文字やローマ字などが並んだ意味不明な文章。

全く同じページもあるようだ・・・








亜書の作者名はアレクサンドル・ミャスコフスキー。

しかしこれは架空の人物。

出品者も「架空の人物で作品のイメージとして記載した」と答えている・・・


会社名は「亞書刊行會」という実在しない会社という。

謎が多い・・・

ホームページは存在しており無店舗型なのかという声も。

出版社は「ユダ書院」と「りすの書房」となっている。

りすの書房の代表取締役の男性(26)は

「芸術や工芸作品としてみてほしい。」

「自分が即興的にパソコンでギリシャ文字を打ったもので、意味はない。」

とコメントしている・・・

そんな本がアマゾンで大量販売された理由は!?



スポンサードリンク






「亜書」アマゾンで大量販売された理由は!?


ネット上では新手の詐欺ではないかとザワついている。

国立国会図書館法で定められている

「代償金」という制度を悪用したのではと問題になってる。


国立国会図書館は日本で出版されたすべての本が1冊ずつ納本されている。

そして「代償金」という制度は、

納本された本の定価の50%と送料を発行者に支払う仕組み。

「亜書」はシリーズのうち、78巻納本されており、

現在すでに42冊分の136万円が発行者側に支払われているようだ。

これに対しネットで炎上し、アマゾンでは10月26日に販売停止している。

芸術作品としてならこの内容で納得できるが

価格がそれに相当するかどうかはちょっと疑問が残る。

わかる人にはわかるということか・・・

現在、図書館側も適正だったか審査をしている模様だ。



スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます